2010年はりきっていこう


by vcbcp171oa

カテゴリ:未分類( 73 )

 岐阜県多治見市は26日、市内の全公共施設の敷地を今年10月1日から全面禁煙にすると発表した。同市によると、公共施設敷地の全面禁煙は東海地方では初めてで、全国では大阪府吹田市に続いて2番目という。同市は「受動喫煙による健康被害は科学的に明らかで、分煙ではなく全面禁煙で防ぐべきだ」としている。

 現在の屋外喫煙場所や喫茶室、ベランダでの喫煙も禁止。体育館や公民館、小中学校、地区事務所など全公共施設の敷地内から紫煙を締め出す。4月から半年を試行期間とし、大半の施設で春から全面禁煙をスタート。試行期間中、庁舎内に現在8カ所ある喫煙スペースは屋上の1カ所のみにする。罰則規定は当面設けない。【小林哲夫】

【関連ニュース】
質問なるほドリ:受動喫煙はなぜ悪いの?=回答・永山悦子
受動喫煙防止:職場の禁煙、やっと始動
特集ワイド:「受動喫煙防止条例」施行迫る神奈川 ルポ「禁煙都市」
タクシー禁煙化:県内ほぼ全車対象−−来月1日 /広島
禁煙:太田市の公共施設181カ所で実施 灰皿や分煙機なども撤去 /群馬

<DV>被害登録の女性救出にパト20台、ヘリも 熊本県警(毎日新聞)
しばたはつみさん 死去57歳、歌手 「合鍵」などヒット(毎日新聞)
<TBSホールディングス>役員報酬をカット(毎日新聞)
<新種の人類>4万年前、露南部で生活 骨片のDNAで判明(毎日新聞)
愛知の高校教諭、車から生徒の個人情報盗まれる(読売新聞)
[PR]
by vcbcp171oa | 2010-04-02 15:34
 民主党の平田健二参院国対委員長は26日の記者会見で、郵政改革法案をめぐって亀井静香郵政改革・金融相や仙谷由人国家戦略担当相らが対立していることについて、「あの顔ぶれを見てごらん。普段から一言二言多い人たちばっかりの集まりだから。それぐらいのことはあるだろう」と述べ、事態は早期に収拾されるとの見方を示した。

 平田氏は「あなた方(マスコミ)が閣内不一致だとか不協和音だといっても、彼ら自身はあまり感じてないんだよね」と論評してみせた。

【関連記事】
郵政改革法案、内閣バラバラ 亀井氏「決めた」、仙谷氏「再検討」 
郵政改革素案 金融界の反発激しく 限度額上げ?巨大「官業」に焦り
郵政改革素案 巨大公社化は許されない
亀井郵政改革相「決定プロセスは元に戻さない」
郵政法案骨子で原口総務相「混乱と思わない」
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<行方不明>海岸で遺体発見 長崎・雲仙の女子高生か(毎日新聞)
羽田、小野両副知事を更迭=不適正経理の責任問う−松沢神奈川県知事(時事通信)
普天間移設 徳之島、4200人「反対」…島守ろうと集会(毎日新聞)
里見女流名人CMデビュー!人気将棋漫画のCMで(スポーツ報知)
<監禁致死>「止めて」懇願無視 運転の男起訴 名古屋地検(毎日新聞)
[PR]
by vcbcp171oa | 2010-03-31 06:57
 東京都の築地市場(中央区)移転計画をめぐり都議会最大会派の民主党は24日の議員総会で、豊洲新市場予定地(江東区)の用地取得費約1260億円分を来年度予算案から削除する同党提出の修正案が再議で否決された場合、用地取得費削除前の当局原案への採決対応を執行部に一任することを了承した。
 これにより、同党が最終的に当局原案に賛成し、移転計画中断が回避される可能性が出てきた。総会では、修正案提出を正式決定した。 

<伊勢湾フェリー>9月末で廃止 利用客が激減(毎日新聞)
「日米同盟揺るぎなく継続」首相が防衛大卒業式で(読売新聞)
強風 足場が倒壊、けが人はなし 京都の阪神高速建設現場(毎日新聞)
インスリン投与、殺人未遂容疑で看護師逮捕(読売新聞)
国民新党が敏いとう氏擁立(産経新聞)
[PR]
by vcbcp171oa | 2010-03-28 01:39
 福井県立恐竜博物館は19日、小型獣脚類・ドロマエオサウルス類の新種とみられる肉食恐竜の全身骨格の復元に成功したと発表した。

 同県勝山市で同一個体の約64%の骨化石を発掘した。体長2.3メートル。脚の長さなどから、羽毛恐竜「シノルニトサウルス」に近い種類という。20日から一般公開する。

 「最も精密な全身骨格ができた」と同博物館。全身骨格の復元は国内3例目。過去2体(草食及び肉食恐竜)も同博物館が手掛け、この分野では“金銀銅”を独占。【安藤大介】

【関連ニュース】
恐竜の起源:最も近い爬虫類化石、タンザニアの地層で発見
恐竜絶滅:1回の小惑星衝突が原因 直径10〜15キロ
恐竜:初めて色を特定「中華竜鳥は赤褐色」 中・英チーム
ヘビ:太古のヘビ、恐竜食べる
恐竜:絶滅、1回の小惑星衝突が原因 12カ国のチーム、米科学誌に発表

1世帯最大579円を上乗せ 再生可能エネルギー買取制度の負担試算(産経新聞)
小沢氏、生方氏の解任を撤回 「もう一度補佐してほしい」(産経新聞)
覚せい剤1キロ密輸容疑、瀋陽空港で日本人逮捕(読売新聞)
<雑記帳>新種?肉食恐竜の全身骨格を復元(毎日新聞)
<阿久根市長>司法との対決姿勢、広報紙で鮮明に(毎日新聞)
[PR]
by vcbcp171oa | 2010-03-26 18:22
 民主党の細野豪志副幹事長、自民党の石破茂政調会長、塩崎恭久元官房長官、平将明経済産業部会長、みんなの党の江田憲司幹事長が、自民党内で高まる執行部批判や民主党の生方幸夫副幹事長の解任問題について討論した。

 −−どうしたら自民党が変わったと思われるか

 平氏「昔から見たようなメンバーが前面に出ている。党三役に若手の代表がいない」

 江田氏「1年ごとに首相を代えてきた自民党がまた同じことをやっている。党内の権力闘争に国民は辟易(へきえき)している」

 −−自民党の若返りは民主党にとって恐怖か

 細野氏「それぞれの政党がしっかりして議論ができるのはむしろ望ましい。自民党には元気になっていただきたい」

 −−与謝野馨元財務相は執行部刷新を求めている

 平氏「与謝野氏や園田博之前幹事長代理は、若手を登用すべきで、自分たちにやらせろと言っているのではない」

 −−生方氏の解任問題は

 石破氏「わが党でこんなことで解任してたら役員は誰もいなくなる。国民が選んだわけでもない党の役職が支配し、国民の考えと違うところに権力が集中している」

 −−財政再建重視の与謝野氏と経済成長重視の舛添要一前厚生労働相の歩み寄りは可能か

 塩崎氏「成長しながら財政再建をしないと将来の生活もまかないきれない。こういう二律背反の形での議論は不毛だ」

【関連記事】
全体的にダメージ−細野氏 生方氏の解任問題
【鳩山政権考】「愛なき結婚」の代償
揺らぐ沖縄 「少数の反対意見、独り歩き」
「自由なき民主党だ」 小沢氏の地元で大島氏
テレビにバッチリ映った!小沢“親衛隊”言論封殺現場
20年後、日本はありますか?

埼京線、大宮−池袋間再開=JR東(時事通信)
不審火2件、ゴミとシャツ燃える 大阪・箕面(産経新聞)
事前面接の解禁見送りを正式決定、派遣法改正案(産経新聞)
狩野選手に祝福の電話=首相(時事通信)
<義父暴力>重体の長男死亡 愛知・豊田(毎日新聞)
[PR]
by vcbcp171oa | 2010-03-24 14:06
 神奈川県三浦市で昭和46年、一家3人が刺殺された「三崎事件」で、死刑が確定し、昨年9月に病死した荒井政男元死刑囚=当時(82)=の遺族の再審請求で、横浜地裁横須賀支部(忠鉢孝史裁判長)は、判決の根拠となった唯一の物証で、被害者のものとされた血痕のDNA型鑑定を行うことを決めた。決定は16日付。

 弁護団によると、再審開始決定前の鑑定見直しは極めて異例だという。

 横浜地裁などによると、血痕は元死刑囚が、事件のあった夜に運転していた車のトランク内にあった元死刑囚の道具袋に数カ所付着していた。元死刑囚は自分の血痕と主張したが、県警の鑑定では「殺害された店主と血液型が一致」とされ、唯一の物証となった。

 弁護団は、当時の鑑定は正確性に問題がある▽元死刑囚が自分の血と主張していた−と疑問点を指摘し、21年9月に裁判所に鑑定を求めた。

                   ◇

【用語解説】三崎事件

 昭和46年12月21日夜、神奈川県三浦市三崎町で食料品店の夫婦と娘の一家3人が殺害され、5日後、知人の荒井政男元死刑囚が逮捕された。荒井元死刑囚は殺害を自供したが、公判では否認に転じ、1、2審とも死刑、平成2年10月に最高裁で死刑が確定。3年1月に再審請求した。荒井元死刑囚は21年9月に82歳で死亡した。

【関連記事】
【日本の議論】殺人の時効廃止に賛否
再審請求の「冬の時代」が変わる可能性も
未解決事件のDNA鑑定を 国家公安委員長
世田谷一家殺害、犯人は南欧系混血か DNA型分類で絞り込む
足利事件、DNA型鑑定めぐり対立 予定を2時間超える

荻野さんに卒業認定書=学部長ら両親に手渡す−千葉大生殺害事件・兵庫(時事通信)
石川県知事選 谷本氏V5でまたもや全国最多選(産経新聞)
2週目も爆走!『アリス・イン・ワンダーランド』が堂々の全米ナンバーワン!-3月15日版【全米ボックスオフィス考】
「築地移転費削除を」 共産修正案 民主に同調求める(産経新聞)
<NHK>草薙氏に100万円払い和解 報道めぐる訴訟で(毎日新聞)
[PR]
by vcbcp171oa | 2010-03-20 12:21
 神奈川県議会厚生常任委員会は17日、県内の海水浴場を原則禁煙とする県水浴場条例改正案を全会一致で可決した。県によると、条例により海水浴場での喫煙を禁止するのは都道府県では初めてで19日の本会議で可決、成立する見通し。
 改正案では、プールなどに加え海水浴場でも専用区域を除き喫煙してはならないという規定を盛り込んだ。違反者に対する罰則は定めないが、3年ごとに実施状況にあわせて条例を見直すことを明記した。
 県内には約30カ所の海水浴場があり、改正案が成立すれば今夏からすべての海水浴場が原則禁煙となる。 

【関連ニュース】
当世「新成人」諸事情
火も煙もゼロのたばこ発売へ=JT
たばこ販売、最大の落ち込みに=増税も1000億円減収
22日は「吸わん吸わん」=白鳥をロゴに、毎月禁煙デー
全面禁煙は「今月通知」=閣議後会見で長妻厚労相

<Dr.コトー>鹿児島の瀬戸上医師、定年再延長し“続投”(毎日新聞)
<捜査怠慢訴訟>都が上告 高裁判決不服(毎日新聞)
「近視治る」と100円ショップのビタミン剤売り逮捕(スポーツ報知)
「1000円割引」の財源3兆円 高速道整備に転用(産経新聞)
<強盗致傷>寺院押し入った6容疑者を逮捕 住職ら暴行−高松(毎日新聞)
[PR]
by vcbcp171oa | 2010-03-18 16:33
 兵庫県佐用町の佐用共立病院に入院中の高齢患者6人が肋骨(ろっこつ)を折られていた事件で、県警捜査1課と佐用署は11日、女性患者=当時(85)=に対する傷害容疑で、同病院の看護師、羽室沙百理容疑者(26)=同町山脇=を逮捕した。県警によると「同僚との人間関係にイライラしてやった」と供述、6人全員を骨折させたことを認めているという。

 逮捕容疑は昨年1月13〜19日、女性の胸部を圧迫するなどの暴行を加え、肋骨骨折のけがを負わせたとしている。

 県警によると、被害女性は肋骨24本のうち19本が折れていたといい、羽室容疑者は「全身の体重をかけるように押したら(骨が)折れた」と供述しているという。

 佐用共立病院では平成20年12月〜21年1月の間に、当時75〜99歳の男女6人の肋骨が折れていることが相次いで発覚。6人はいずれもその後死亡したが、司法解剖などの結果、死因は肺炎などで骨折との因果関係はないとみられている。

 羽室容疑者は18年9月から同病院に勤務。19年4月から11カ月間は別の病院に移っていたが、20年4月から同病院に戻っていた。

【関連記事】
奈良・山本病院死亡事件 ずさんな手術、動機は不可解
介護疲れ認め猶予付き判決 傷害致死の裁判員裁判
患者つめ切りで元看護課長 二審も無罪主張
妻殴り死なせた疑い、74歳夫を逮捕 函館
母の頭を畳に打ち死なせた容疑で男逮捕 静岡
20年後、日本はありますか?

さいたま市児相、警察の一時保護要請いったん断る 抑制的な権限行使(産経新聞)
首相と補佐官、「結束」確認=政権発足半年で初会合(時事通信)
ジェネリック医薬品で負担減 患者、病院ともにメリット(産経新聞)
<掘り出しニュース>きっと芽がでるせんべい 三陸鉄道で販売(毎日新聞)
黒木容疑者が「オーナー」=増資引き受けで支配進める−トランスデジタル事件(時事通信)
[PR]
by vcbcp171oa | 2010-03-17 01:09
 【シンガポール=岡崎哲】反捕鯨団体シー・シェパードの元船長、ピーター・ベスーン容疑者(44)が12日、海上保安庁に逮捕されたが、ベスーン容疑者はニュージーランド北島の出身。

 地元ニュージーランドの報道によると、大学で機械工学や経営学を学んだ後、中東や北海で石油探査技師を務め、2007年、最高時速80キロ超の小型船アース・レース号(後のアディ・ギル号)で世界一周に挑戦してメディアの注目を集めた。

 この航海は07年3月、グアテマラ沖で地元の漁船と衝突して漁師2人が死傷する事故を起こして中止に追い込まれたが、08年には再挑戦して世界一周を達成した。

 シー・シェパードに参加を表明したのは昨年6月で、日本の調査捕鯨が「(祖国の)裏庭で行われているから腹が立つ」との考えからだったという。

民主・小林議員、小沢氏に陳謝(時事通信)
振り込めグループにも携帯貸す=本人確認せず、経営者ら再逮捕−警視庁(時事通信)
核持ち込みの可能性に言及=有事で日米合意が前提−亀井氏(時事通信)
<クロマグロ>「半減」の危機 完全養殖が日本の食卓救う?(毎日新聞)
安全取り組み国際認証 付属池田小が取得 国内初(産経新聞)
[PR]
by vcbcp171oa | 2010-03-12 21:24
 詩人の萩原朔太郎(1886〜1942年)が作ったマンドリン曲「A WEAVING GIRL(機織る乙女)」が初めてCDに録音され、この曲をメーンにしたCDが今秋に発売される予定だ。詩作の一方でマンドリンに打ち込み、音楽家を夢見ていた朔太郎の思いが結晶した曲は注目されそうだ。

 朔太郎が初詩集「月に吠(ほ)える」(1917年刊行)を出す前に、前橋の実家で作曲したとみられる。自身が主宰のマンドリンクラブなどで演奏していたが、その後は忘れられていた。

 制作を企画したキングレコードの宮山幸久プロデューサーが、前橋文学館に保存されていたオリジナル楽譜を探し当てた。朔太郎は題字や署名、アンダンテ・カンタービレ(歩く速さで歌うように)など、すべてアルファベットで書いていた。

 宮山さんはマンドリン奏者の高柳未来(みき)さんに演奏を依頼。イ長調で約4分の曲はリアルさと幻想性を兼ね備え、機の糸が切れたり、糸が紡ぎ直されたりする様子を細かに表現している。

 高柳さんは「リズムと間が素晴らしく、弾くうちに乗ってくる」、宮山さんは「奇妙な和音もあるが、それが『月に吠える』の感覚を思い出させる」と話す。同文学館の須川武則館長は「朔太郎の多面性が分かる」と喜んでいる。【梅津時比古】

土庄高卒業生3人が通学フェリー船長に花束 香川・小豆島(産経新聞)
買い物楽しく♪ 高島屋大阪店 増床オープン(産経新聞)
<脅迫状>吉本興業に届く 会長など名指し(毎日新聞)
トヨタの公聴会対応「良かった」=鳩山首相(時事通信)
憲法改正の論点整理 自民推進本部が発表(産経新聞)
[PR]
by vcbcp171oa | 2010-03-11 00:24